知っておきたい!セルノートに含まれる成分と効能は?

知っておきたい!セルノートに含まれる成分と効能は?

セルノートに含まれる成分は?

 

 

バストアップできるうれしいボディクリームだとしても、いったいどんな成分が含まれているのか気になるものです。

 

セルノートに含まれている成分についてご紹介します。

 

まず、女性らしさをアップする成分としてセルノートには「プエラリアミリフィカ根エキス」と「大豆種子エキス」が含まれています。

 

「プエラリアミリフィカ根エキス」という成分は、植物性のエストロゲンをたっぷりと含んでいるので乳腺を発達させてくれます。また「大豆種子エキス」は、女性ホルモンに似た大豆イソフラボンによるホルモン分泌を促進します。

 

これらに加えてふっくらと女性らしいラインを得るために含まれているのが「ボルフィリン」と「アディフィリン」です。

 

セルノートに含まれる「ボルフィリン」という成分は、脂肪細胞を増殖させることでバストアップにつなげてくれます。また「アディフィリン」も同様に脂肪細胞を増殖させる成分です。この2つの成分はホルモンに働きかけないことから副作用もなく安心です。

 

これらに加えて、肌に潤いを与える「ビルベリー葉エキス」と「アロエベラ葉エキス」、健康的なボディラインを作る「クズ根エキス」、「クロレラエキス」とボディケアをサポートする成分も含有しています。

 

 

 

ざっと成分について説明しましたが、もう少し詳しく一つ一つの効能などを見ていきましょう。

 

 

・プエラリアミリフィカ根エキス

 

プエラリアは、タイ北部に自生するマメ科植物の一種です。

 

女性ホルモンに匹敵するミロエステロ−ルというエストロゲン活性をもつ成分を含んでいて、イソフラボンの含有量は大豆の数十倍ともいわれています。

 

特に肌にハリを与えるなど美肌効果があるものはプエラリアミリフィカと呼ばれ、多くのバストケア商品に使用されています。

 

セルノートには、プエラリアミリフィカの根からから抽出されたエキスを使用しています。

 

最近、プエラリアの健康被害が報道されたことがありましたが、セルノートは健康食品ではなく肌に塗るクリームなので、健康被害につながる心配はありません。

 

また、セルノートの主成分はボルフィリンを中心にしたもので、ボルフィリンは女性ホルモン分泌には関与していないので、健康被害は考えられません。

 

 

・大豆種子エキス

 

マメ科植物ダイズの種子から抽出して得られるエキスです。

 

大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと同様の働きをするため、肌荒れの改善や美肌効果が期待できます。

 

エストロゲンと同じような働きをするとは言っても、大豆種子エキスは毒性・刺激性・アレルギー反応や副作用の報告はなく、安全性の高い成分です。

 

 

・ボルフィリン

 

バストアップ業界で注目を浴びている育乳成分で、多くのバストアップクリームに配合されています。

 

従来のバストアップ成分は女性ホルモンの働きをサポートするのに対して、ボルフィリンはホルモンではなく脂肪組織を分化させ増殖させるという、また違ったアプローチをする成分です。

 

主成分はサルササポゲニンで、ハナスゲというユリ科の植物から抽出されたものです。

 

バストアップを目指す女性に嬉しいのは、脂肪組織を分化させ増殖させる働きのほかに蓄える働きがあることで、ボルフィリンで増えた脂肪は減りにくいと言われています。

 

つまり、ボルフィリンを使用しなくなってからも十分な効果が持続できるからですね。

 

デコルテ部分に塗布すれば、デコルテラインもふっくらとした美しいラインになります。

 

気になるのはその副作用ですが、ボルフィリンは女性ホルモン分泌には関わっていないので、ホルモンバランスの崩れによって起こる副作用は心配ありません。

 

 

・アディフィリン

 

アミノ酸を基礎にアルギニン、セリン、トレオニン、バリンから合成してつくられた成分で、海外ではバルーンパウダーとも言われていて、理想的なバスト形成が期待される成分です。

 

アディフィリンは、脂肪を増殖させる作用で有名なボルフィリンを超えるほどの効果が期待できる、現存する最強のバストアップ成分の一つと言えます。

 

そんなに強力なら成分なら副作用もあるのではないかと心配ですが、人工的に作られた成分ではあっても、原料自体は植物由来のものです。

 

また、プエラリア・ミリフィカのように女性ホルモンに作用するものではないため、副作用の心配はありません。

 

ただし、付着した部分はどこでも脂肪を増加させようとする為、塗った後は必ず手を洗い、不要な部分に付かないように注意しましょう。

 

 

・ビルベリー葉エキス

 

北欧の森に自生する野生種ブルーベリーの一種、ビルベリーの葉から抽出されるエキスのことです。

 

北欧の強い紫外線から自らの身を守るため、葉にはポリフェノールをはじめとする多くの成分が凝縮されています。

 

カテキンやフラボノール、プロアントシアニジン、鉄、マンガン、クロム、アルブチンなどが豊富に含まれているため、美肌・美白効果、ニキビやアレルギーなどを防ぐ効果があります。

 

 

・アロエベラ葉エキス

 

200種類以上の有効成分が含まれています。

 

肌の潤いを保つ働きや肌を引き締めるなどの効果があり、最近では化粧品などにも使われています。

 

クズ根エキス、クロレラエキスと組み合わせて配合することで、プラセンタエキスと同様の作用が期待できることから、植物プラセンタと呼ばれています。

 

アロエベラ葉エキスは古くから使用実績があり、あかぎれや傷ついた皮膚を治療する軟膏などの皮膚外用薬にも使用されていることから、皮膚への刺激性はほとんどないと考えられます。

 

 

・クズ根エキス

 

クズ根エキスはアジアを中心に自生している多年草です。

 

女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするイソフラボン配糖体や、サポニンという成分が含まれていて、保湿と美白作用に優れています。

 

肌へ悪影響を与える副作用などは報告されていませんので、敏感肌の女性でも安心して使うことができます。

 

 

・クロレラエキス

 

クロレラは淡水性のプランクトン(淡水産単細胞緑藻類)で、必須アミノ酸全てと、天然の状態の各種ビタミン・ミネラルをバランスよく豊富に含んでいます。

 

クロレラエキスは、クロレラの中でも最も優れた種をさらに選別し抽出され、ボディケアをサポートします。

 

 

・加水分解コラーゲン

 

主な成分はアミノ酸で、大きいコラーゲンを酸やアルカリ、酵素などと反応させて小さくすることで浸透力を高めます。

 

真皮層まで届くことは期待できませんが、肌の表面の角質層を保湿することで弾力低下の予防になり、肌がしっとりすることから多くの化粧品に使用されています。

 

 

・ファルコニックス

 

優れた浸透性により、真皮層まで到達することが確認されています。

 

 

・CTP(BG)

 

加水分解コラーゲンの溶液で、優れた浸透性により真皮層まで到達することが確認されています。

 

コラーゲンの産生を促進し、肌荒れの改善、ヒアルロン酸の産生を促進、皮膚の弾力改善が期待されます。

 

 

 

◆まとめ

 

セルノートはSNSで大変人気になっていて、何と愛用者の95%が高評価をしています。

 

これまでバストアップ製品を色々試してみたけどどれも効果がなかったと言う方でも、セルノートで効果を実感している方が多くいます。

 

セルノートに含まれる成分は植物由来のものなので、心配な副作用がないことから、誰でも安心して使用できます。

 

ただし効果を実感するまでには個人差があり、翌日からすぐにハリを感じる人もいれば2〜3ヶ月かかる人もいますので、すぐに効果がなくても諦めず、最低でも3ヶ月は続けてみましょう。

 

セルノートを試してみたい方は、「トクトク集中ケアコース」が今なら実質無料で大変お得にお試し出来ますよ。

 

詳しくは、下記の公式サイトを見てくださいね。

 

 

 

セルノート公式通販サイト
セルノートを激安価格で申し込み

 

 

 

こちらもぜひご覧ください ↓ ↓

 

セルノートの気になる口コミをブログからチェック!